クレジットカード現金化で「家族カード」を使うときの注意点

クレジットカードのショッピング枠を手軽にお金に変えられる現金化。
とても便利なものですが、手元にあるのが家族カードだけという場合もあるでしょう。
もちろん家族カードでも買い物はできますから、自分で現金化は可能です。
しかし業者にお願いする場合、支払いが家族の口座になっている家族カードを使うことはできるのか、調べてみました。

重要な前提「家族カード」と「家族名義のカード」は違う

「家族名義のカード」はそのまま、自分以外の家族の名義のカードです。
家族だからといってこれを使うと、名義人になりすました詐欺罪となる可能性があります。
一方で「家族カード」というのはカード会社のサービスで、加入者の家族が加入者と同じランク・付帯のついたカードが持てるというものです。
支払いも加入者の口座からまとめて引き落とされます。
家族名義のカードと同じ、似たようなものと思われるかもしれませんが、大きな違いは名義です。
家族カードはそれぞれの家族に発行されますので、名義も使用する家族のものになるのです。
そもそもカード会社は「他人名義のカードを使う」ことを認めていませんから、当然ともいえるでしょう。

「家族カード」は現金化してもらえる?

結論から言うと「家族カード」を現金化業者で使用することは可能です。
自分の名義のカードで買物をするわけですから、問題なく受け付けてもらえます。
家族カードでのトラブルが増えれば業者が受け付けなくなる可能性もありますが、今のところ、家族カードを禁止している業者は見当たりません。
家族カードであることを隠す必要ももちろんありません。
本人確認も、名義人である自分の書類で何も問題ありません。
そもそもクレジットカードの使用時「家族カード」と「自分名義のカード」が区別されることはほとんどありません。
支払いと信用が誰のものであるかというだけの差で、きちんとカード会社から名義人が使用を許可されています。
ただ少し気をつけるべきなのは、家族カードは加入者が使用を許可しているカードなので、加入者の側から使えないようにすることができます。
いつの間にか使えなくなっていた、などということのないよう、家族とはしっかり話し合っておきましょう。

「家族カード」使用で気をつけるべきこと

家族カードは一見して普通のクレジットカードですが、支払いは名義人ではなく加入者です。
つまり加入者が明細を見ることになり、家族カードがどれだけ使われているかは隠せません。
利用明細が「現金化」となるわけではないのですが、大きな額を使えば当然、知られるものと思ってください。
また、家族カードの利用限度枠は加入者と共有しています。
加入者が限度額まで使っていた場合、家族カードも使えなくなるということです。
家族カードで利用限度額を超えた場合も、加入者のカードが使えなくなってしまうので、トラブルを避けるためにも大きな額の使用は伝えておいた方が良いでしょう。

まとめ

「家族カード」と「家族名義のカード」は違うということ、「家族カード」は現金化業者で問題なく使えるということ、現金化で使用する時の注意点を解説しました。
自分の名義なのに、自分の信用で作ったわけではないカード。
少しややこしいですが、メリットのあるカードなので、トラブルのないよう使っていきたいですね。
家族にバレて修羅場になる前に、きちんと相談はしておくことをおすすめします。