クレジットカード現金化に必要なものは事前に調べて揃えておくと安心

クレジットカード現金化をスムーズに進めるには、事前に必要なものを揃えておくことを心がけましょう。
利用する現金化業者によって必要なものは異なる場合もあるので、まず業者のホームページをよく読んでから準備を始めるのがおすすめです。

必要なものはまず何よりも本人名義のクレジットカード

クレジットカード現金化のために何よりも重要なのは、本人名義のクレジットカードです。
現金化業者では原則としてカードの名義人以外からの申し込みは不可となっているため、必ず自分のクレジットカードを使うようにしましょう。
また当然のことではありますが、クレジットカードは利用可能な状態にあることも条件となります。
金融ブラックの状態になるとクレジットカードが停止されてしまうことがあるので、事前に利用可能かどうかは確認しておくようにしましょう。
現金化に使うショッピング枠に余裕があることも合わせてチェックしておくと安心です。

身分証だけでなく補助書類が必要にものになることも

現金化業者の利用時には年齢確認のために身分証の提示をすることになります。
その際、顔写真付きの運転免許証を持っていない場合は合わせて補助書類の提出を求められることがあるので注意しましょう。
補助書類とは、身分証の写真一枚で名前と住所が同時に確認できない場合に必要なものとなる住所確認書類のことです。
一般的には公共料金の支払い明細などが該当するため、普段からそういった明細書は捨てずに取っておくようにしましょう。
なかなか適切な補助書類が見つからないこともあるかと思いますが、その場合は業者に個別に問い合わせてどんな書類なら有効なのか確認してみるといいでしょう。

ネットバンキングが使える銀行口座番号も必要

クレジットカード現金化によって得たお金はネットバンキングで銀行口座に振り込まれることになります。
銀行口座を持っていないとネット専門の現金化業者を使うことはできません。
それと一部の銀行はモアタイムという年中無休のネット振込システムを持っています。
モアタイムシステムに対応した銀行口座と連携できる業者を使うと、深夜や休日にも即日振込をしてもらえるためクレジットカード現金化がさらに使いやすくなります。
またクレジットカードと同じように銀行口座も本人名義になっている方が手続きの確認時間が短縮されます。
ただしクレジットカードと違い本人名義が必須となっている業者は少ないので、銀行口座の指定に関しては業者ごとに許可されている範囲内で行うようにしましょう。

スマートフォンもほぼ必須

絶対に必要なものというわけではありませんが、スマートフォンはほぼ必須のアイテムとなります。
クレジットカード現金化の申し込み自体はパソコンからも実行できますが、身分証の写真を撮って業者に送る過程があることを考えると手続きをするならパソコンよりもスマートフォンの方が圧倒的に楽になります。
身分証の写真は文字情報がはっきり読み取れるように撮影し、全体像も欠けなく写すようにしましょう。
それと現金化業者の中には身分証の顔写真と照合するために現在の自撮り写真の提示を求めてくるところもあります。
業界全体の中では少数派ですが、自撮りが必要なものになった場合にもスマートフォンは持っておいた方がいいでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化に必要なものは、本人名義のクレジットカードと身分証に加えて現金振込に使う銀行口座の番号になります。
全ての手続きはパソコンからでも可能ですが、身分証の写真を撮る手間などを考えるとスマートフォンで作業をするのがおすすめです。
事前に必要なものを揃えておけば初回の利用時であってもクレジットカード現金化を簡単に終わらせることができるでしょう。