クレジットカードの現金化は犯罪なのか?リスクと疑われない対策とは?

クレジットカードの現金化についてご存じでしょうか。
クレジットカードの現金化とは、商品を後払いするための「ショッピング」という機能の利用可能枠を換金することです。
ちなみに、クレジットカード会社はクレジットカードの現金化を認めていません。
では、クレジットカードの現金化は犯罪になるのでしょうか。

クレジットカードの現金化は違法か

結論から言うと、クレジットカードの現金化は違法ではありません。
ただ、これは法律上違反ではないということであって、公に認められている行為ではありません。
そのため、クレジットカードの利用規約で現金化を禁止しています。
また、日本クレジット協会でもクレジットカード現金化を排除しようしています。
そのため、クレジットカードの現金化がばれると、クレジットカードの利用ができなくなったり、利用料金の返済を求められたりする場合があります。
このように、クレジットカードの現金化にはリスクが多くあることを理解しておく必要があります。

クレジットカード現金化のリスク

では、具体的に現金化のリスクを2つご紹介します。

1. クレジットカードが利用停止になる

クレジットカード現金化が発覚すると、クレジットカードの利用が停止されます。
また、怪しいと思われた場合でも不正利用防止のため、利用停止になることがあります。
さらに、クレジットカードの現金化によってクレジットカードの利用が停止された場合、もう一度その会社でクレジットカードを作ることが難しくなることも理解しておかなければいけません。

2. 高額商品の購入の場合、支払いが困難になる

現金化する際、一時的に現金を受け取れますが、その分支払いをする必要があります。
そのため、高額の場合はクレジットカード会社への支払いが困難になり、破産してしまう可能性もあります。
以上のように、クレジットカードの現金化にはリスクがあるため、これらのリスクを承知した上で利用するようにしましょう。

現金化を疑われないようにするには

クレジットカードの現金化を利用する場合、疑われないようにする必要があります。
ここでは、対策方法を3つご紹介します。

1. 換金性の高い商品を買いすぎない

換金性の高い商品を何度も買っている場合、現金化を疑われる可能性があります。
そのため、少量にしておくことや連続で何度も買わないようにすることで、疑われないようにする必要があります。

2. キャッシング枠を使い切らない

カード会社は、キャッシング枠を多く使っている人の利用状況をよく見ています。
そのため、キャッシング枠を使い切っていると、怪しまれる可能性があります。
キャッシング枠にはよく注意して、残しておくようにしましょう。

3. 支払いの遅延をしない

支払いの遅延をするとカード会社に目をつけられるため、現金化がばれやすくなってしまいます。
支払いは毎月遅れずにするようにしましょう。

現金が必要になった場合の現金化以外の方法

すぐに現金が必要になった場合、クレジットカードの現金化以外の方法として利用できるのが「キャッシング」です。
キャッシングとは、クレジットカードの限度額内で借入れを行うことを言います。
クレジットカードには、審査の際にショッピング枠とキャッシング枠が定められており、そのキャッシング枠の限度額内で現金を借りることができます。
クレジットカードのキャッシングはカード会社が認めている使い方なので、安心して利用することができる方法です。
そのため、すぐに現金が必要になった場合、ぜひキャッシングの利用を検討してみましょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、リスクが多いことを自覚する必要があります。
現金化を利用する場合は、リスクを承知した上で発覚しないためにどうすれば良いかを考え、申し込みするようにしましょう。
また、現金化以外にもキャッシングなどの方法がありますので、安全に利用したい場合は他の方法を検討してみるのもおすすめです。