詐欺の可能性も?クレジットカード現金化における詐欺の手口

クレジットカードがあれば現金を調達できる便利なクレジットカード現金化。
ですが実は現金化をする際に利用する人も多い現金化業者の中には詐欺業者も存在しています。
では詐欺業者はどのような手口で利用者をだましに来るのでしょうか。
今回はクレジットカード現金化における詐欺の手口を紹介していきます。

事前に伝えられた換金率と異なる金額が振り込まれてしまう

現金化業者でよくある詐欺の手口が、事前に伝えた換金率よりも低い金額が振り込まれてしまう、というものです。
この手口では現金化業者では公式サイトなどで換金率を公開していることが多いですが、振り込む際に手数料などを名目に大幅に換金率を下げてしまい、少ない金額しか受け取ることができません。
このような業者では事前に換金率を訪ねても公式サイト通りの換金率しか伝えず、手数料のことも説明しないことが多いです。
また中には換金率を訪ねても「申し込み完了後にしか伝えられない」と言い訳をして無理やり利用させることもあります。

商品購入後に連絡が取れなくなり現金も振り込まれない

先ほど紹介した手口の場合は振込金額は少なくなるものの、きちんと振り込みをしてもらえます。
ですがさらに悪質なものになると、クレジットカードで支払いをしたとたんに連絡が取れなくなり、現金が振り込まれないという手口もあります。
この手口では電話確認の際などは通じたはずの電話番号が突然連絡が取れなくなってしまい、泣き寝入りさせられてしまうのです。
また電話連絡なしで現金化ができると謳い公式サイトなどで電話番号を公開していない業者でもこの手口が使われやすいです。
なお振込先の銀行や申し込みの時間によっては、単純に銀行への繁栄が遅れているだけの可能性もあり、勘違いしてしまう人もいるので注意しましょう。

キャンセル料を取ろうとする

先ほども紹介したように現金化業者では公式サイトに記載されている換金率と実際の換金率が異なる場合もあります。
それを聞いて商品購入前にキャンセルをするという人もいます。
ですがこの時にキャンセル料を取るという詐欺の手口もあります。
このような業者では公式サイトとは大幅に異なる換金率を提示することでキャンセルを促し、強引にキャンセル料を奪うことで利益を得ています。
結果数万円もの高額なキャンセル料を取られてしまうこともあります。
また申し込み後は個人情報を提出しているため、それを悪用するなどと脅してくるような悪質な業者もあります。

利用後に利用したことないサイトなどから連絡が来るようになる

現金化業者で行われている詐欺の手口には、個人情報を悪用したものもあります。
現金化をするときには住所や電話番号などの個人情報を伝えなければいけませんが、これらの情報を集めて商売をしているような悪質な詐欺業者もあります。
このような業者を利用してしまうと、現金化業者しか利用していないにもかかわらず知らない会社や闇金などから連絡が来るようになってしまいます。
また詐欺メールやチェーンメールが届くようになるケースもあります。
また最悪の場合強引に契約をしようとする脅迫のような電話がかかってくることもあります。

まとめ

今回紹介してきたようにクレジットカード現金化業者では様々な手口で詐欺が行われています。
これらの被害にあわないためには、悪質サイトや詐欺業者を利用しないことが重要です。
現金化をする際には、業者の口コミや会社概要などにしっかりと目を通し、安全な業者であることを確認してから利用しましょう。